拡大
馬郎婦観音像

下村観山作家解説
1873(明治06年)-1930(昭和05年)
シモムラカンザン
Kanzan SHIMOMURA

J-200
馬郎婦観音像
メロウフカンノンゾウ
英語 Meroufu Kannon

制作年:大正13年頃
サイズ:125×60.5cm
技 法:絹本着色

昭和61年度 購入

 中国唐の時代に、観音の化身である一人の美女が現れ、一夜の間に『観音経』をよく誦える者に嫁ぐと言い出した。そして次に『金剛般若経』、次に『法華教』と経を増やしていった。何人もの男が競い、最後まで残った馬郎の妻となったが、たちまちのうちに亡くなってしまったという故事に基づく。
 その姿は観音ながら経を持った世俗の美女として描かれ、宋時代以降画題として流行し、本作のように日本でもしばしば描かれた。とくに観山は明治末期から大正時代、道釈画をよく描いており、これはその一つである。
 婦人の化粧や衣服は吉祥天女像などによったものと思われ、観山の研究のほどがうかがわれる。額中央に「花鈿(かでん)」、口元には「よう鈿」と呼ばれる唐代の化粧が施され、頭には櫛と釵子が花を添える。また下半身につけた下裳には中国渡来の吉祥模様である、花の枝をくわえた優美な鳥の模様が観山独自のパターンで描かれ、鼻高の沓をはかせている。
 「観山」の款と白文長方印「観山」がある。

カード番号(23)