拡大
  次の画像
冨田溪仙書簡 箱書、天満宮の図二点を贈る 112‐17

冨田渓仙作家解説
1879/12/9(明治12年12月9日)-1936/7/6(昭和11年7月6日)
トミタケイセン
Keisen TOMITA

C-38-444
冨田溪仙書簡 箱書、天満宮の図二点を贈る 112‐17
英語 Letter from Keisen TOMITA (1879-1936)

岩野平三郎和紙関係資料

制作年:大正13年12月29日
サイズ:巻紙19.3×92 封筒20.9×7.8
技 法:紙本墨書
材 質:紙 墨
形 状:巻紙1 封筒1

平成27年度 岩野平三郎 寄贈

拝覆
只今御親書拝
見箱書幸出來
致し居候ニ付
直ニ御送附申上候
封筒沢山頂戴
致し難有存し

尚試験紙も一昨
日天満宮横物
及半切位のもの
同圖揮毫
右二点御贈り申上
候一点半切の
方ハ先日御咄しの
方へ御渡し下され
度何れ明春
御入洛の砌御
拝姿萬々
尚御照介の文机
ハ兎ニ角一度
出來の上ハ拝見
致し度候
宜敷御傅へ
下され度
目出度御越年
被遊度候頓首
     匆々
廿九日 冨田拝
岩野大人
   台下