拡大
  次の画像
冨田溪仙書簡 重ね漉きの画用画紙に対する所見 112‐6

冨田渓仙作家解説
1879/12/9(明治12年12月9日)-1936/7/6(昭和11年7月6日)
トミタケイセン
Keisen TOMITA

C-38-423
冨田溪仙書簡 重ね漉きの画用画紙に対する所見 112‐6
英語 Letter from Keisen TOMITA (1879-1936)

岩野平三郎和紙関係資料

制作年:大正11年5月24日
サイズ:折紙32×26.4 封筒20×8.5
技 法:紙本墨書
材 質:紙 墨
形 状:折紙1 封筒1

平成27年度 岩野平三郎 寄贈

拝啓
先般御光駕
の節欠禮仕却
而結構な御品
頂戴仕御厚
禮申上候
今度御送り被下
候紙正ニ落掌
■■孰れも面白
さうな紙質ニ見
受け候其内試筆
可仕存し居候
裏付きの紙の質
興味を引き候
併し支那のセイ
ロツべキハ二枚合
せニ候が下部の紙ニ
筆跡の其儘印す
ることニ種々問題
と相成居候それ者
表具屋の質の悪い
者か二重ニ畫を使
用するとかニテ鐵斎
翁などハ殊ニ困り
居られ候併しそれハ
右の支那紙の事ニ候
貴製のものハ日本紙な
れ者下部ニ影出ることも
あの紙質なれ者なき
様ニ存し居候何れ後便萬々