拡大
  次の画像
玉井敬泉書簡 展覧会出品作に画紙を用いること 105‐5

玉井敬泉
タマイ ケイセン
Keisen TAMAI

C-38-402
玉井敬泉書簡 展覧会出品作に画紙を用いること 105‐5
英語 Letter from Keisen TAMAI (1889-1960)

岩野平三郎和紙関係資料

制作年:大正13年4月7日
サイズ:巻紙18.1×133.5 封筒22×8.3
技 法:紙本墨書
材 質:紙 墨
形 状:巻紙1 封筒1

平成27年度 岩野平三郎 寄贈

拝復
御送付被下候荷物
及御書面正ニ拝受
仕候 早速山脇氏に
分配仕候處同氏も
貴家の御思召を
非常に喜ばれ是非
六月の展覧會に公開
春べく揮毫致春
覚悟に候と話し
居候 然る上に天
或は拙作も貴覧に
供し度久と存候就而ハ
六月上旬の展覧會
開設中に一度金澤
へも御來駕下され天
揮毫作品につき天
御批評御意見も拝
承致度く種々御歡
談も致度候に付き
何れ其節重ね天御案
内申上べく候へ共是非
是非御繰合せの上
御來駕之栄を得度く
今より御願申上候
右山脇氏及小生の
誠心誠意を披瀝
し天の御返事
申上る辞に候
    頓首敬拝
大正十三年四月七日
      玉井敬泉
岩野平三郎様
     玉案下