拡大
  次の画像
岸浪静山書簡 南画用に最適と評価 55‐1

C-38-145
岸浪静山書簡 南画用に最適と評価 55‐1
英語 Letter from Seizan KISHINAMI (1889-1952)

岩野平三郎和紙関係資料

制作年:昭和3年2月16日
サイズ:便箋2枚22.4×18.7 封筒20.7×8.4
技 法:紙本墨書
材 質:紙 墨
形 状:便箋2 封筒1

平成27年度 岩野平三郎 寄贈

私自身可ら申上げれば此紙は
南畫家にとつての一大福音と
存候
濃墨もよろしく潤墨渇
墨自在尓て全く申分奈
く候 裏うち後の墨色もよろし
厚き畫仙紙の欠点たるのり
のこはさが奈くて大作に用ゐる
にはこの上も奈き良紙尓て候
目下九尺に八尺の大作尓用ひ(作品發表は今秋)
居り候て欣び居候 尚この
姉妹作に用ひ度く候間これ
と同一のもの二十枚大至急御
送附被下度候 代價御申聞け
       被下度候
◎ツぎ方に一發見致候ため
 一枚紙の如く尓て候
 二月十六日 東京市外松沢村
       七軒町
       岸浪静山
岩野平三郎様
     小田原急行経堂経由尓て
     御送附便利