拡大
源頼政鵺退治図前金具

源頼政鵺退治図前金具
ミナモトノヨリマサヌエタイジズマエカナグ

岡島コレクション

制作年:明治時代
サイズ:4.5×8.0
技 法:容彫 色絵
材 質:金

平成22年度 保管転換

 『平家物語』を出典とした作品。近衛院のとき宮中にしばしば物の怪が出没、命により源三位頼政が紫宸殿の上から矢を放つと、頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎に似た鵺という怪鳥が射落とされたというもの。形状は通常より大型で、細部にわたる細かな人物表現は見応えがある。「盛寿」と銘があるが、これは海野盛寿のことであろうか。海野盛寿(1834-1896)は幕末から明治にかけての金工家。水戸に生まれ、本名を大三郎、伝太郎といい、凌雲、起竜斎と号す。初代海野美盛の門人で、維新後は東京で活躍、巧手として知られた。

カード番号(14)