拡大
  次の画像
諺(妄) (Los Proverbios) 1 「死んだロバより重く」

フランシスコ・ゴヤ作家解説
1746-1828
ゴヤ,フランシスコ
Francisco GOYA

P-694
諺(妄) (Los Proverbios) 1 「死んだロバより重く」
コトワザ(モウ) (LosProverbios) 1

制作年:1864
サイズ:33.5×49.8cm
技 法:エッチング、アクアチント、ドライポイント
材 質:紙

平成16年度 購入

ゴヤはスペインを代表する重要な画家であり版画家です。最初、宮廷画家として高い地位を持ち、それに相応しい作品を作っていた彼が、歴史に残る驚くべき構想力の作品を制作し始めるのは、40台半ばに大病を患い、その結果として聴力を失ってからだった。更に、1808年から14年にかけてのフランス軍によるスペイン占領中に、フランス軍の残虐な行為を見て描いた作品は、恐ろしいほどの劇的なリアリズムと表現力を持つに至る。
 これらの構想力や表現力は、特に彼の銅版画に顕著に見ることができる。この作品は、彼の最も重要な銅版画シリーズ「諺(妄)」のうちの1点で、具体的な意味や内容は不明な点が多いが、人間の不条理に対する強烈な風刺や皮肉をこめて本シリーズを制作したことは理解できる。

カード番号(11)